Fastlyコントロールパネルへユーザーを追加する方法


#1

ファストリーのCDNは自分一人で利用&管理することも可能ですが、会社やプロジェクトでFastlyを利用するなら、ぜひチーム全員で使ってみてください。そこで、Fastlyコントロールパネル https://manage.fastly.com に他のユーザーを追加する方法を説明します。

#1. Fastlyコンパネへログイン

図1のFastlyコンパネ https://manage.fastly.com より、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

図1. コンパネ ログイン画面
image

#2. メニューよりAccountをクリック

ログインしたら、画面右上のドロップダウンメニュー(図2)よりAccountを選択してください。

図2. 画面右上 ドロップダウンメニュー
image

#3. User InvitationsよりInviteボタンをクリック

Accountページの先頭にはYour Profileとしてプロフィールが表示されています。ページ下方へ進み図3にあるUser Invitations部にあるボタン + INVITE をクリックしてください。

なおUser Invitationsの下にあるUsersは、現在のユーザーの一覧が表示されています。

図3. User Invitations

#4. 招待の送付先とロール(役割)を指定

図4のInvite Userウィンドウが表示されますので、追加するユーザーについて情報を入力してください。

  1. Email メールアドレス
  2. Role ロール(役割)

ロール Role はポップアップする4つの選択肢の中から、1つを選んでください。

  • superuser
  • engineer
  • billing
  • user

両方のフィールドに入力したら、INVITEボタンをクリックしてください。

図4. Invite User
image

##4-1. ロール

ロールを指定することにより、そのユーザーがポータル上に持つ権限を管理できます。各ロールの持つ権限は以下の通りです。

User
最小限の権限。Dashboard(リアルタイム解析)、Stats(統計)と、名前やパスワードの変更などAccount(ユーザー情報)の一部が利用できます。
Billing
部分的な権限。Userの権限に加えて、Billing(請求情報)が利用できます。
Engineer
部分的な権限。Userの権限に加えて、Configure(設定)が利用できます。
Superuser
全ての権限。

コンテンツのパージを行うためには、EngineerまたはSuperuserであることが必要です。

#5. 招待メールの送付

図4 Invite Userにて指定したメールアドレスあてに、招待メールが送付されます。同時に、画面上のUser Invitations部に送付済みの招待が表示されます(図5)。

図5. User Invitations(送付済み招待あり)

この招待は、右側の赤いごみ箱アイコンをクリックすることで、取り消しが可能です。

このユーザーが招待に従ってユーザー登録を完了すると、User Invitationsからはメールアドレスが消去され、その下のUsers部に新しいユーザーが追加で表示されます。

#関連ドキュメント

User roles and how to change them 『ユーザーのロールとその変更方法』